Forguncy 8 オンラインヘルプ
Forguncyの使い方 / セル / セル型の指定 / ログインユーザーの作成
このトピックで
    ログインユーザーの作成
    このトピックで

    セル型でログインユーザーを作成します。ログインユーザーの名前の表示、ログイン、ログアウト、ワークフローの通知などを行えます。

    このセル型は、リストビューの行テンプレート領域に設定することはできません。

    (例)ログインユーザーを設定したセルの表示

    この画面例ではユーザーアイコン、ログインユーザー名と共にこのユーザーに割り当てられた未処理のワークフロー通知が3つあることが表示されています。

    認証モードが「フォーム認証」のアプリの場合[▼]が表示され、[▼]をクリックすると「プロファイルの編集」、「パスワードの変更」、「ログアウト」ができます。また、「SAML 2.0用認証プロバイダー」を使用している場合には、「ログアウト」のみができます。

    ログインしているユーザーがいない場合は次の表示になり、ログイン画面に遷移できます。

    1. セルを選択して[ホーム]→[セル型]のドロップダウンリストから[ログインユーザー]を選択します。

      選択したセルがログインユーザー型になります。

    2. 右ペインでログインユーザーの設定をします。

      右ペイン下部の[セル型]タブをクリックして、ログインユーザーの設定を行います。

      プロパティ名

      説明

      ユーザーの表示名を表示する

      「ユーザー名」を表示します。チェックしない場合はユーザーの「氏名」が表示されます(ユーザーの管理参照)。

      ユーザーの画像(アイコン)を表示する

      ユーザーアイコンを表示します。

      ドロップダウンを表示する

      「プロファイルの編集」「パスワードの変更」「ログアウト」を選択できるドロップダウンリスト用の[▼]を表示します。

      ワークフロー担当者通知を表示する

      ワークフロー通知がある場合、ログインユーザーに割り当てられたワークフロー通知数を表示します。

      ワークフロー担当者通知の遷移先ページ

      ワークフロー通知がある場合、通知数の表示をクリックすると指定されたページに遷移します。

      ログアウト時の遷移先設定

      [ログアウト時の遷移先設定...]ハイパーリンクをクリックすると、ログアウトする時に遷移するページの設定が行えます。次の4つのオプションがあります。

      • 現在のページ(遷移しない)

      • スタートページ

      • 特定のページ

      • 外部のWebページ

      「特定のページ」の場合、遷移するページを選択します。「外部のWebページ」の場合、「http://」や「https://」などから始まるURLを入力します。既定値は「スタートページ」です。

    3. 必要に応じてデータ連結をします。

      データ連結の方法については、データの連結を参照してください。

      参考: ログインユーザー型セルは、データ連結したテーブルのデータを表示させることはできません。しかし、現在ログインしているユーザーアカウント名などのユーザー情報を、データ連結しているテーブルに登録/更新することはできます。