Forguncy 8 オンラインヘルプ
Forguncyの使い方 / セル / セルの設定と操作 / セルの名前定義
このトピックで
    セルの名前定義
    このトピックで

    セルまたはセル範囲に名前を定義します。定義された名前は数式内で使用できます。
    リストビュー内のセルの名前を定義する場合は、リストビューのセルの名前を定義する を参照してください。

    名前を定義する

    1. 名前を定義したいセルまたはセル範囲を選択し、数式バーの名前ボックスに名前を入力してEnterキーを押します。


      セルに、定義された名前が表示されます。

      ヒント: 定義済みのセルまたはセル範囲を選択すると、名前ボックスに名前が表示されます。複数の名前を持つセルまたはセル範囲の場合は、1つ目の名前が表示されます。名前ボックスで、名前を変更したり削除することができます。
    2. 定義済みの名前をまとめて編集したり新規作成する場合は、[数式]→[名前の管理]をクリックします。

      「名前の管理」ダイアログが表示されます。

      • 名前を新規に定義する場合は、[新規作成]をクリックします。

      • 定義済みの名前を編集する場合は、[編集]をクリックします。

      • 定義済みの名前を削除する場合は、[削除]をクリックして[OK]をクリックします。

      • 名前を定義する対象のセルまたはセル範囲を変更する場合は、「参照範囲」で変更します。

      ヒント: 名前の有効範囲について
      有効範囲は自動的に設定されます。「新しい名前」ダイアログでは、名前の有効範囲を指定できません。

      ケース

      有効範囲

      ページ1内のセルまたはセル範囲を参照範囲として名前を定義した場合

      =Page1!$A$1

      ページ1

      文字列を名前に定義し、ページ1を表示している場合

      ="文字列"

      ページ1

      文字列を名前に定義し、テーブル1を表示している場合

      ="文字列"

      「名前の定義」ダイアログを開いたときに表示していたページ

      テーブル1内のセルまたはセル範囲を参照範囲として名前を定義した場合

      =Table1!$A$1

      名前の作成に失敗します。

      ページ1とページ2内のセルまたはセル範囲を参照範囲として名前を定義した場合

      =Page1!$A$1,Page2!$A$1

      名前の作成に失敗します。

      「名前の編集」ダイアログでも、有効範囲は変更できません。他のページ内のセルを参照範囲に指定すると、名前の作成に失敗します。

    定義した名前を数式内で使用する

    Excelと同様に、定義した名前を数式内で使用できます。

    ヒント: 通常のページでは、マスターページで定義した名前を使用できます。また、マスターページでは、通常のページで定義した名前を使用できます。
    マスターページと通常のページは「=マスターページ1!A1」といった「=ページ名!セル位置」では参照ができませんが、セルの名前で参照することができます。

    注意:セル名を「$A$1:$D$4」のように範囲指定したものを利用する場合、セル名の値は配列の形式になることにご注意ください。

    例えば、[メッセージの表示]コマンド等で「=セル名」のように範囲指定したセル名を利用すると、結果は「#VALUE」になります。
    回避するためには、「=SUM(セル名)」といった範囲セルを利用する関数と同時に利用するか、「=IFERROR(セル名,"")」をご利用ください。

    Excelからページを作成する際にインポートされる名前

    Excelからページを作成するとき、ワークブック内の現在のシートを有効範囲とする有効な名前がインポートされます。

    インポートされた名前は、有効範囲がページに変更されます。他のシート内のセルやセル範囲、名前やテーブルは参照されません。