Forguncy 8 オンラインヘルプ
Forguncyの使い方 / レポート / レポートデザイナーの要素と操作
このトピックで
    レポートデザイナーの要素と操作
    このトピックで

    レポートデザイナーの各要素と基本的な操作方法を説明します。

    レポートデザイナー

    レポートデザイナーは次のような領域で構成されています。

    領域 説明
    メニューバー

    元に戻す、やり直し、プレビュー、ホーム、レポート、およびパラメータなどの操作、機能で構成されています。

    • [ホーム]をクリックすると、デザイン領域で選択されているレポートコントロールに合わせてツールバー領域に関連する設定が表示されます。
    • [レポート]をクリックすると、ページの追加、削除、移動、およびコピーなどの操作を行えるドロップダウンが表示されます。
    • [パラメータ]をクリックすると、パラメーターの入力を行うユーザーインターフェイスであるカスタムパラメータビューデザインするための画面が表示されます。

    デザイン領域で選択したコントロール合わせて、追加メニューが表示されます。追加メニューをクリックすると、ツールバー領域にに関連する設定が表示されます。

    ツールバー 使用可能なショートカット操作を表示します。 選択しているレポートコントロールによって、異なる設定が表示されます。
    ツールボックス

    ツールボックスはデザイン領域に配置するコントロールで構成されています。

    • ]をクリックすることで、ツールボックスの展開/折りたたみが行えます。展開すると、各レポートコントロールの名前を確認できます。
    • [エクスプローラ]:ツリービューでレポートの構成要素を表示します。各要素を選択することでも、デザイン領域でレポートコントロールを選択した場合と同様の操作が可能です。
    • [グループエディタ]:現在のTablixデータ領域のグループ化情報を表示します。
    デザイン領域 レポートデザイン用の作業領域です。レポートコントロールをツールボックスからデザイン領域にドラッグドロップしてページを作成します。
    プロパティ設定とデータ

    [プロパティ]と[データ]の表示がクリックすることで切り替わります。

    • プロパティ:レポート、または選択されている要素のプロパティを設定します。選択している要素により、表示されるプロパティの設定項目が変わります。
    • データ:レポートで使用するデータセットの表示、およびレポートパラメータの設定を提供します。現在の日付と時刻、ページ番号、総ページなどの共通の値も表示されます。

    この領域は、[]をクリックすることで折りたたんだり展開したりできます。

    その他

    その他の領域には、グリッド、グリッド設定、ズーム、サイズ単位、プロパティモードの設定があります。

    :既定では有効となっており、グリッド線がデザイン領域に表示されます。クリックすることで切り替えます。

    : グリッドの幅の設定やレポートコントロールのスナップ(吸着)動作を設定します。

    :ルーラー(目盛り)の表示/非表示を切り替えます。

    :デザイン領域の拡大率を設定します。

    : 「詳細プロパティ」か「基本プロパティ」のどちからのモードを選択できます。

    「詳細プロパティ」を選択する場合、現在の要素で設定可能なすべてのプロパティ項目が表示されます。「基本プロパティ」を選択する場合、使用頻度の高いプロパティのみが表示されます。

    レポートのプロパティの設定

    デザイン領域で灰色部分をクリックすることで、レポートのプロパティ設定が表示されます。

    レイアウト、余白、サイズ、グループなどが設定できます。

    基本的な操作

    レポートにはさまざまなレポートコントロールが用意されています。レポートコントロールをデザイン領域にドラッグ&ドロップすることで、レポートのレイアウトを作成していきます。ここでは、基本的な操作をいくつか説明します。

    レポートコントロールの選択

    レポートコントロールの選択方法は3つあります。コントロールの種類によってはサポートされない選択方法もあります。以下にTableを例にして説明します。

    方法1:クリック

    Table内の任意のセルをクリックして、左上に表示されるアイコンをクリックすることで、Table全体を選択できます。(このような概念はTableとTablixにのみ存在します。)

    方法2:ドラッグ操作による範囲指定

    マウスをドラッグ&ドロップすることでその範囲に存在するコントロールを複数選択できます。なお、ドラッグの開始位置は余白領域はサポートされないことに注意してください。

    方法3:ツールボックスの上部にある[エクスプローラー]をクリックし、Tableの名前(例:「Table1」)を選択することでTable全体が選択できます。

    [エクスプローラー]で右上にあるアイコンをクリックすることで、サイドパネルを固定できます。再度クリックすることで解除できます。

    コントロールの選択後、位置移動、サイズ調整、プロパティ設定などの操作が行えます。

    データの連結

    レポートコンポーネントにデータ連結を行う前に、レポートへのデータソースの追加が必要です。

    データ連結の方法は3つあります。コントロールの種類によってはサポートされない操作方法があります。Tableを例にして説明します。

    方法1:Table内のセルを選択後、右側にあるをクリックしてデータセットのフィールドを選択します。

    方法2:データセットフィールドをTabelセルにドラッグ&ドロップします。

    方法3:Table内のセルを選択し、[値]プロパティフィールドの右側にあるアイコンをクリックしてデータセットのフィールドを選択します。

    データ連結により、そのコントロールには対象のデータがプレビュー時に表示されるようになります。