Forguncy 8 オンラインヘルプ
プラグイン / プラグイン(要ダウンロード) / カレントレコードの設定コマンド
このトピックで
    カレントレコードの設定コマンド
    このトピックで

    コマンドに「カレントレコードの設定」が指定できるようになり、テーブルのカレントレコードを任意に変更できます。

    Forguncyでテーブルの値を表示するには、カレントレコードを設定するためにリストビューを使用します。しかし、カレントレコードの設定コマンドを利用することでリストビューを使用することなくカレントレコードを指定してデータの表示が可能です。

    ダウンロードリンク

    SetCurrentRow_8_0_5_0.zip

    使い方

    1. コマンドの選択に「カレントレコードの設定」が追加されます。

    2. カレントレコードの設定コマンドを設定します。

      たとえば、以下のようなテーブルがあったとします。

      ページ内にリストビューが存在しない場合、以下のようにフィールドを連結して実行しても、カレントレコードを特定できないためデータは表示されません。

      このような場合、ページロード時のコマンドにカレントレコードの設定コマンドを配置します。

      [設定するカレントレコードを特定する条件…]をクリックし、テーブル1のIDフィールドが「2」のようにカレントレコードを特定する条件を設定します。

    3. [ホーム]リボンタブにあるデバッグの[開始]ボタンをクリックし、アプリケーションの動作を確認します。

      ページがロードされると、E2セル、E4セルにIDフィールドが「2」の場合の値が表示されます。

    動作の詳細と注意点