Forguncy 8 オンラインヘルプ
サーバーへのアプリの発行 / サーバー管理ポータル / 設定(サーバー管理ポータル) / 保存フォルダー
このトピックで
    保存フォルダー
    このトピックで

    Forguncyアプリケーションが配置されるフォルダーや監査ログが出力されるフォルダーなど、各種パスを指定できます。

    アプリケーションの配置パス

    Forguncyアプリケーションを配置するサーバー側のフォルダーパスを指定します。ここで設定した内容は「GlobalConfig.xml」ファイルに反映されます。既定値は次の通りです。

    Windows版Forguncy Server:C:¥Users¥Public¥Documents¥ForguncyServer

    Linux版Forguncy Server:/opt/ForguncySites/ForguncyServer

    注意:

    アプリケーションの配置パスに指定したフォルダ内にForguncyアプリケーション以外のファイルやフォルダを配置しないでください。(手動でファイルやフォルダを作成することや、監査ログやファイルアップロードパスを同様の値にすることが該当します。)予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。

    監査ログの保存パス

    監査ログの出力を有効にしている場合、既定では監査ログファイルはTempフォルダーに保存されます。監査ログの保存先を指定できます。ここで設定した内容は「GlobalConfig.xml」ファイルに反映されます。既定値は次の通りです。

    Windows版Forguncy Server:C:\Windows\TEMP\

    Linux版Forguncy Server:/var/log/ForguncyServer/

    ファイルアップロードパス

    画像アップロード型セルや添付ファイル型セルを使用して画像やファイル保存するようにした場合、既定ではForguncy Serverがインストールされているコンピューターの以下の場所にファイルが保存されます。

    Windows版Forguncy Server:C:¥Users¥Public¥Documents¥ForguncyServer¥<アプリケーション名>¥Upload

    Linux版Forguncy Server:/opt/ForguncySites/ForguncyServer/<アプリケーション名>/Upload

    なお、リンクテーブル(外部データベース)の場合、画像のファイル名ではなくバイナリデータを格納する方法も可能となっており、その場合にはファイルがアップロードされないため本設定は影響を与えません。詳細はフィールドへのForguncyデータ型の割り当てを参照してください。

    本項目にパスを指定することで、この保存先を変更できます。たとえば、Windows版のForguncy Serverで「D:\Files」に変更した場合、実際に保存されるフォルダーは次のようになります。

    D:\Files¥<アプリケーションパス名>

    最終的に保存されるパスにはアプリケーションパス名が含まれます。そのため、リンクテーブルを使用している場合であっても、複数のForguncyアプリケーション間でファイルをアップロード、および参照することはできません。この問題を回避したい場合、画像ファイルの場合であれば、ファイル名ではなくバイナリデータを格納する方法が使用可能です。

    ここで設定した内容は「GlobalConfig.xml」ファイルに反映されます。

    本設定を変更する場合には、次のことに注意してください。

    同時接続ログの保存パス

    同時接続のアクセスログが保存されるパスを指定します。ここで設定した内容は「GlobalConfig.xml」ファイルに反映されます。既定値は次の通りです。

    Windows版Forguncy Server:%temp%¥Forguncy¥ForguncyConcurrencyAccessLog

    Linux版Forguncy Server:/var/log/ForguncyServer/Forguncy/ForguncyConcurrencyAccessLog