Forguncy 8 オンラインヘルプ
プラグイン / プラグイン(要ダウンロード) / ワークフローコマンド / ワークフロー遷移コマンド
このトピックで
    ワークフロー遷移コマンド
    このトピックで

    カレントレコードのワークフローの状態を任意に変更できます。

    使い方

    1. コマンドの選択に「ワークフロー遷移」が追加されます。

    2. ナビゲーションウィンドウからテーブルを選択し、右ペインのテーブル設定に表示される「ワークフロー…」をクリックして以下のように状態を設定します。

      次の画面では「出張申請」テーブルを選択しています。

    3. ページを作成し、コマンドから「提出」ボタンをクリックした時の設定を以下のように行います。

      ユーザーが[提出]ボタンをクリックすると、[新規]の状態でワークフローに申請リクエストが送信されます。 このワークフローコマンドを使用しない場合では、プロセスバーのセルタイプを使用してワークフローを切り替えて、ユーザーは[新規]と[申請中]の2つのプロセスバーを通過する必要がありました。しかし、 以下のように連続して[新規]と[申請中]の処理を行うことができます。

      対象テーブル名

      ワークフローを開くテーブル。

      遷移先の状態

      ワークフローで定義されている次の状態。[]ボタンをクリックしてセルの値を参照する数式を記載できます。セル名を入力することも可能です。

      担当者

      次の担当者。[]ボタンをクリックしてセルの値を参照する数式を記載できます。セル名を入力することも可能です。

      アクション名

      操作の名前。履歴情報で表示できます。[]ボタンをクリックしてセルの値を参照する数式を記載できます。セル名を入力することも可能です。

      コメント

      備考、履歴情報で見ることができます。[]ボタンをクリックしてセルの値を参照する数式を記載できます。セル名を入力することも可能です。

      注意:「対象テーブル名」で指定したテーブルは「ワークフローを使用する」が有効になっている必要があります。この設定は、ナビゲーションウィンドウから該当のテーブルをダブルクリックして表示される「テーブル設定」から「ワークシート…」をクリックすることで指定できます。

      「担当者」が複数いる場合は、カンマを使用して区切ってください。これらの人はユーザー管理に含まれている必要があります。

    4. [ホーム]リボンタブにあるデバッグの[開始]ボタンをクリックし、アプリケーションの動作を確認します。