Forguncy 8 オンラインヘルプ
Forguncyの使い方 / 外部データベース
このトピックで
    外部データベース
    このトピックで

    Forguncyでは内部データベース以外にも、SQL Server、Oracle Database、MySQL、PostgreSQLといった外部のデータベース、またはODBCデータソースを使用できます。データベースの基礎知識では、はじめてデータベースに触れる方向けにデータベースの基本的な概念について説明しています。

    Forguncy Builderから外部データベースに対して、新規テーブルを作成することも可能です。詳細はテーブルの作成方法を参照してください。

    外部データベースに既に存在するテーブルを利用するには、接続したいテーブルをリンクテーブルとしてForguncy上に作成する必要があります。こうすることで、リンクテーブルを通して外部データベースのデータにアクセスできます。

    接続先のデータソースに依存して制限事項が存在します。特にODBCデータソースの場合、ネイティブ接続のSQL Server、Oracle Database、MySQL、PostgreSQLと比較して、Forguncyが持つ機能の一部を使用できません。詳細は Forguncyの仕様と制限を参照してください。また、ODBCデータソースは、その接続先、もしくは使用するODBCドライバーが多種多様に存在するためForguncyの仕様と制限に記載のない制限が存在する場合があります。そのため、使用するODBCドライバーにどのような制限が存在するかはお客様ご自身で確認する必要があります。なお、CData Software Japan社が提供する特定のODBC Driverについては、グレープシティが動作確認を行っています。詳細についてはCData ODBC Driversを参照してください。

    アクセス権限

    外部データベースの種類によって、テーブルやフィールドに対しロールごとの権限を付与できるものとできないものがあります。

    外部データベースの利用シナリオ

    関連トピック