Forguncy 8 オンラインヘルプ
インストール / 旧バージョンからの移行
このトピックで
    旧バージョンからの移行
    このトピックで

    本ページに記載されている移行の動作がサポートされるのは2つ前までのメジャーバージョンとなるForguncy 4、およびForguncy 6です。それよりも古いバージョンを移行する場合には、一度その間のバージョンに移行するなどの対応を行ったうえで、本内容にしたがって移行してください。

    注意:Forguncy 8では移行作業が必須です。

    以前のバージョンとは異なり、発行済みの旧バージョンのアプリケーションを新バージョンに移行せずにForguncy 8 Serverで動作させることはサポートしていません。そのため実際のアップグレードを行う前に新バージョンでの動作検証を行うことを強くお勧めします。
    これまでの無償アップグレードでは、移行前バージョンの使用権は即時失効していましたが、Forguncy 8では移行前のバージョンの使用権の失効はアップグレードから「90日後」となります。この間、新旧バージョンを同時利用できますので、Forguncy 8への移行準備完了まで旧バージョンでの運用が可能です。

    Forguncy Builder

    バージョン6以前のForguncy Builderがインストールされている環境にForguncy 8 Builderをインストールする場合、そのForguncy Builderとは別にForguncy 8 Builderがインストールされます。以前のバージョンのForguncy Builderは削除されません。そのため、Forguncy 8 Builderにおいて、旧バージョンに対するアップグレードインストール(上書きインストール)が行われることはありません。旧バージョンとの並行利用がライセンス上可能かどうかについては、お持ちのライセンスを確認してください。並行利用が認められない場合、以前のバージョンの開発ライセンスの認証解除とForguncy Builderのアンインストールが必要です。

    グレープシティが提供するプラグイン、および認証プロバイダーをダウンロードして使用していた場合、Forguncy 8 Builderではバージョン8用のプラグイン/認証プロバイダーを新たにインストールする必要があります。詳細はプラグイン、または認証プロバイダーを参照してください。

    Forguncy Serverと運用中のアプリケーション

    バージョンの移行とハードウェアのリプレイスやプラットフォームの変更といった環境の切り替えを同時に行わないようにしてください。これは運用しているアプリケーションの最新のデータを異なる環境の新バージョンへと直接移動する方法がないためです。また、バージョン以降による問題であるのか、環境移行による問題であるのかの切り分けが困難になります。まずバージョンの移行を完了させて安定稼働を確認したのち、サーバーリプレイスや異なるOSへの切り替えを参照して環境の切り替えを行うようにしてください。同様の理由から、アプリケーションの動作改善や、機能追加についても、バージョンの移行と同時に行わないようにしてください。

    移行パターン

    すでに運用中のアプリケーションが存在するForguncy Serverを新バージョンへと移行するパターンとして、次の2つのパターンを示します。

    1. 既存アプリケーションの運用と並行して動作検証を行い、アプリケーションを移行する場合

      アプリケーションの規模や重要度、アプリケーション数にもよりますが、多くの場合、新バージョンにおけるアプリケーションの動作確認のために既存アプリケーションの運用を停止することは困難です。既存アプリケーションの運用を中断せずに、新バージョンにおけるアプリケーションの動作検証を行う場合には、アプリの運用を停止できない場合の移行の手順を検討してください。

    2. 既存アプリケーションの運用を停止した状態で動作検証を行い、アプリケーションを移行する場合

      既存アプリケーションの運用を停止した状態で新バージョンにおけるアプリケーションの動作検証が可能な場合には、アプリの運用が停止可能な場合の移行の手順を検討してください。この方法はデータベースのマージ設定の必要がないなど、「アプリの運用を停止できない場合の移行」のパターンと比較して手順がシンプルです。

    移行における注意点

    関連トピック