Forguncy 8 オンラインヘルプ
サーバーへのアプリの発行 / アプリの公開 / オフラインでのアプリの配置
このトピックで
    オフラインでのアプリの配置
    このトピックで

    注意:本機能はWindows版のForguncy Serverでのみ利用が可能です。Linux版のForguncy Serverでは使用できません。

    開発環境のForguncy Builderから運用環境のForguncy Serverに対してネットワークを介して接続できない場合、アプリケーションをパッケージファイルにしてForguncy Serverに配置することができます。また、サーバーに発行済みのアプリケーションをバックアップした(FDBAK)を、新しいアプリケーションとして配置することもできます。なお、いずれの場合も作成したForguncyのバージョンと配置するForguncy Serverのバージョンが一致している必要があることに注意してください。

    前者の場合、まず、Forguncy Builderでプロジェクト(FGCPファイル)から「パッケージファイル(FGCPBSファイル)」を作成します。次に、USBメモリーなどの媒体を介してForguncy Serverの運用環境にコピーし、運用環境上でアプリのオフライン配置ツールを開きパッケージファイルを配置します。

    Forguncy Builderからネットワークを介して直接Forguncy Serverに発行する方法については、「アプリケーションの発行」を参照してください。

    発行したアプリケーションは、既定ではForguncy Serverをインストールしたコンピューターの以下のフォルダーに格納されます。

    格納先はサーバー管理ポータルの保存フォルダー内の設定により変更が可能です。詳細については、保存フォルダーを参照してください。

    パッケージファイル(FGCPBSファイル)を配置する

    1. Forguncy Builderでプロジェクトファイルを開き、[発行]リボンタブ - [パッケージファイルの作成]ボタンをクリックします。

      パッケージファイルにパスワードを設定することで、配置後にアプリケーションを利用できる期限付きの配置ができます。詳細は、アプリケーション設定の「パッケージファイルに付加するパスワード」を参照してください。

    2. パッケージファイルの保存先とファイル名を指定して、保存します。

    3. 保存したパッケージファイル(FGCPBSファイル)をサーバーにコピーします。

    4. Forguncy Serverがインストールされているコンピューターで、Windowsの[スタート] - [Forguncy Server <バージョン番号>] - [アプリのオフライン配置ツール]をクリックします。

    5. パッケージファイルを選択し、[OK]をクリックします。

      プロパティ名

      説明

      ファイルパス

      配置したいファイルを選択します。以下の2種類のファイルに対応しています。

      • パッケージファイル(FGCPBSファイル)。

      • バックアップファイル(FDBAKファイル)。新しいアプリケーションとして配置します。上書きしたい場合は「アプリのバックアップと復元」で説明している「復元」ボタンから行えます。上記画面で行った場合は上書きではなく新しいアプリケーションとして配置することしかできないため、「サーバー上にあるデータベースを変更する」のチェックボックスは無効になります。

      アプリケーション名

      アプリケーション名を指定します。アプリケーション名は最終的にユーザー利用するアプリケーションの宛先URLの一部となります。

      ポート番号

      デフォルトは「80」です。変更する場合はポート番号を指定します。指定可能なポート番号は、既定の80番と1025番から65534番までです。

      HTTPS

      HTTPSを使用します。あらかじめForguncy Server側でHTTPSの設定が必要です。

      詳しくはアプリケーションのHTTPS通信対応を参照してください。

      サーバー上にあるデータベースを変更する

      はじめて発行する際は、この設定に関わらずアプリケーションとデータのすべてが発行されます。

      再発行する際に、開発環境と運用環境のデータベースをどのようにしたいかを、以下を参照して適切な方を選択してください。

      • リンクテーブルの場合は、この設定に関わらず、アプリケーションとテーブルの固有レコードの識別子などの設定情報を含む開発環境の状態をサーバーへ発行します。

      • 内部テーブルの場合は、このチェックボックスをチェックしない時は、開発環境上のデーターベースはサーバー上に反映されず、アプリケーション部分だけが発行されます。このチェックボックスをチェックした時は、データベースとアプリケーションが共に発行されます。チェックすると、データベースの更新方法を選択するプション設定が表示されます。オプションの詳細は、「データベースの更新」を参照してください。

      ページ表示権限とセルのアクセス制御の設定を上書きする

      ページ表示権限とセルのアクセス制御の設定をForguncy Server側に反映します。Forguncy Builder上の設定で完全に上書きするため、Forguncy Server側でページ表示権限やセルのアクセス制御の設定を変更していた場合、それらの設定は削除されます。

      なお、本設定がチェックされていない場合には、以下のような動作となります。

      設定内容の状態

      動作

      Forguncy Builder側にのみ存在し、Forguncy Server側には存在しない

      それらの設定はForguncy Server側に反映されます。

      Forguncy Server側にのみ存在し、Forguncy Builder側には存在しない

      それらの設定はForguncy Server側から削除されます。

      Forguncy Builder側とForguncy Server側の両方に存在する

      Forguncy Server側の情報が保持されます。

      パッケージファイルにパスワードが付加されている場合、以下のダイアログが表示されます。

      注意:アプリのオフライン配置ツールでは、Forguncy Builderからのアプリケーションの発行において可能な以下の機能が使用できません。

      • [開発時ユーザーアカウント管理の登録情報の発行]設定(ロール、ユーザーアカウント、組織)

      • 同名のアプリケーションが存在した場合の警告ダイアログの表示

    6. アプリケーションの配置が完了すると、メッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

    バックアップファイル(FDBAKファイル)の配置

    サーバーに発行したアプリケーションをバックアップしてFDBAKファイルを作成する方法は「アプリのバックアップと復元」を参照してください。

    FDBAKファイルを配置する手順は、上記手順の4~と同じです。

    参考: FDBAKファイルをこの操作で配置する場合は、上書きではなく新しいアプリケーションとして配置することしかできません。このため、「サーバー上にあるデータベースを変更する」のチェックボックスは無効になります。